1. ホーム
  2.   >  ブランド・コンセプト
  3.   >  UVカットグローブ機能紹介
  4.   >  紫外線基礎知識

FOR WORKING WOMEN

紫外線基礎知識

h6-mame_uv_01.jpg

 

UV_shigaisenA.jpg

太陽の光には、目に見える光(可視光線)のほかに、目に見えない赤外線や紫外線が含まれています。紫外線とは地表に届く光の中で最も波長の短いものです。
 
UV_shigaisen1.jpg
 
紫外線は波長の領域とそれに伴う性質によって、A・B・Cの3つに分けられます。
 
 
UV-A (315-400nm)
大気による吸収をあまり受けずに地表に到達します。UV-Bに比べて影響は小さいですが、長時間あたると肌などに影響があることが懸念されます。
 
UV-B (280-315nm)
大気層(オゾン層など)により大部分が吸収されるが、一部が地表へ到達し、皮膚や眼に有害です。日焼けを起こしたり皮膚がんの原因となります。
 
UV-C (100-280nm)
大気層(オゾン層など)で吸収され、地表へは到達しません。
 
 
 
UV_shigaisenC.jpg
 
UV_shigaisen4.jpg
 
紫外線の強さは、時刻や季節、さらに天候、オゾン量によって大きく変わります。同じ気象条件の場合、太陽が頭上にくるほど強い紫外線が届きます。一日のうちでは正午ごろ、日本の季節では6月から8月に最も紫外線が強くなります。
山に登ると空気が薄く、より強い紫外線が届きます。また、雪や砂は紫外線を強く反射するので、スキーや海水浴のときには、強い日焼けをしやすくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
UV_shigaisenB.jpg
 
世界保健機関(WHO)では、UVインデックス(UV指数)を活用した紫外線対策の実施を推奨しています。気象庁では、UVインデックスの観測値や予測情報などを提供しています。これらの情報を十分に活用して、紫外線による健康被害の予防に役立てることが大切です。
 
 
UV_shigaisen2.jpg
 
UV_shigaisen3.jpg
出展】環境省[紫外線環境保健マニュアル 2015] http://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf
気象庁[紫外線のデータ集] http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/info_uv.html
 
 
 

UVカットグローブ機能紹介

pagetop

商品に関する
お問合せ

フリーダイヤル 0120-18-3663

【受付時間】
9:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日除く)

お問い合わせ>メールでのお問い合わせ